【12月18日オンライン開催】2021年度朝鮮族研究学会全国大会

参加ご希望の方は下記のQRコードにて申請できます

上記のQRコードは次のリンクになります:申し込みフォーム

お問い合わせメール:chaoxianzu@hotmail.com

特別セッション趣旨説明

在韓朝鮮族の30年

来年2022年に韓中国交成立30周年を迎えようとしている。1980年代から始まった朝鮮族の韓国への 移動は、1992年の韓中国交成立を契機に飛躍的に増加することとなった。そこで、朝鮮族の韓国への 移動、そして在韓朝鮮族の30年間を振り返る1つの区切りとなるこの時期に、それを振り返る機会を設 けたい。

冷戦崩壊後、世界は「移動の時代」を迎えた。今日、朝鮮族は日本を含め世界各地に大量に国際移 動しているが、冷戦時代における中朝間の移動を除くと、韓国へのそれが端緒であった。朝鮮族の韓 国への移動は、移動・移住の送り出し地である中国国内の朝鮮族社会にとっては、どのような意味が あり、同時に、移動・移住の受け入れ地である韓国社会にとっては、どのような意味があったのだろ うか。この30年間を振り返り、このような諸般の問いを改めて考える機会としたい。このような問い を考える切り口として、労働者、移民政策、国籍、コミュニティ、アイデンティティ、世代、家族、 2世、教育、言語、社会保障等々、様々なキーワードが考えられる。基調講演者はもちろん、パネラ ーとしてご登壇いただく方々は、それぞれの専門分野から在韓朝鮮族の30年間に関心を寄せてきた研 究者たちである。実りある議論となることを期待したい。

※新型コロナウイルスの影響を受け、2021年度朝鮮族研究学会理事会総会はメール審議により行う

受付

09:30~10:00 午前の部の受付

10:00~10:05 開会

午前の部 会員報告

第一報告

10:05~10:35 

 報告者:鄭春美(宇都宮大学大学院 博士後期課程)

 テーマ:高学歴中国朝鮮族の社会適応研究―韓国滞在朝鮮族を中心に

10:35~10:45

 討論者:呉泰成(大阪経済法科大学 研究員) 質疑応答

10:45~10:55

 質疑応答

第二報告

10:55~11:25

 報告者:金雪(大阪経済法科大学 研究員)

 テーマ:在日中国朝鮮族の生活実態に関する調査結果(2019)(仮)

11:25~11:35

 討論者:玄善允(大阪経済法科大学 客員教授)

11:35~11:45

 質問応答

11:45~13:00

 昼食

午後の部 特別セッション–在韓朝鮮族30年

13:00~13:30

 午後の受付

13:30~14:30

 基調講演(韓国語):朴佑(韓国・漢城大学)
 テーマ:재한 중국동포(조선족) 사회 30년, 평가와 전망

14:30~15:00

 パネリスト(日本語):宣元錫(日本・中央大学)

15:00~15:30

 パネリスト(日本語):孫ミギョン(韓国・北東アジア自治体連合)

 テーマ:韓国映画と朝鮮族嫌悪(仮)

15:30~15:50

 コメンテイター(日本語):姜光文(韓国・ソウル大学)

15:50~16:25

 質問応答

16:25~16:30
 閉会

主催

 朝鮮族研究学会

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
재미있었나요? 생각을 코멘트로 남겨주세요 ~x
()
x